トップカラダと水保存版!お水ダイエットの効果的な取り入れ方を徹底解説!

保存版!お水ダイエットの効果的な取り入れ方を徹底解説!

保存版!お水ダイエットの効果的な取り入れ方を徹底解説!

「運動しているのに全然やせない…」
「食事制限の効果が出ない…」

せっかくダイエットにチャレンジしたのに、効果が出ないとつらくなるものです。そんな方は、「基礎代謝を高めるための水分」が足りていないのかもしれません。

この記事では、ダイエットに重要な水の性質や必要な水分量、効果的に飲むタイミングを解説します。生活の中に上手に水を取り入れるだけで、ダイエットの効率や健康に良い影響があるので、ぜひ参考にしてください。

お水がダイエットに重要な理由は?やせる手助けをしてくれるから

お水がダイエットに重要な理由はやせる手助けをしてくれるから-

ダイエットには、基礎代謝と血流を良い状態に保つことや、便秘を防ぐことが重要です。そのためには水分を上手に摂取し、痩せやすい体を作る必要があります。

ここでは水分がダイエットに重要な理由を解説していきます。

水分は血流と基礎代謝に良い

水分は血流と基礎代謝に大きく関係しています。
基礎代謝とは、呼吸や体温調整などの生命活動で消費されるエネルギー量のことです。

基礎代謝が高くなると

  • 消化吸収
  • 脂肪の燃焼
  • 細胞の生まれ変わり

などの働きを助けてくれるので、ダイエットに重要といえるでしょう。

そして基礎代謝を上げるには、水分で血流を良くすることが大切です。
血液の約半分は水でできているので、水を飲むことで血流が良くなり、基礎代謝をはじめ体にさまざまな良い影響があります。

便秘を防いでくれる

ダイエットが原因で便秘になり、苦しい思いをする方も多いでしょう。

食事制限により便意を感じるまでの時間が長くなり、水分が失われて固くなることが便秘の原因になります。

便秘が続くと

  • むくみ
  • 血行不良
  • 基礎代謝の低下

などの原因になるので注意が必要。

便秘防止には、適切な量の水を飲んで、便をやわらかくすることが大切です。
とはいえ、「いつ、どのくらい飲めば良いの?」という疑問もあるでしょう。

次項では、水を飲む量やタイミングを解説します。水の効果を最大限引き出せる内容なので、ぜひご覧ください。

お水ダイエットで飲む水の量は?年齢と体重で計算しよう

お水ダイエットで飲む水の量は年齢と体重で計算しよう

厚生労働省によると、一日に必要な水分は「2.5L(内、飲み水は1.2L)」です。(参考:厚生労働省 推進運動
この数値は平均的な目安として使われていて、実際には「年齢と体重で計算」することで、正確な必要水分量が算出できます。

一日で必要な水分量は年齢と体重を目安に計算します。
計算式は、「体重(kg)✕年齢別必要量(mL)=必要水分量」です。

年齢別の必要な量は以下のとおり。

  • 30歳未満・・・40mL
  • 30〜55歳未満・・・35mL
  • 56歳以上・・・30mL

たとえば、35歳50kgの女性なら「50✕40=2,000mL(2L)」という計算になります。
食事での摂取や体内で作られる水分が1L前後なので、飲み水は1L以上必要です。

このように、自分に必要な水分量を把握してお水ダイエットにチャレンジしましょう。

お水ダイエットの効果を最大化するには?飲むタイミングが重要

お水ダイエットの効果を最大化するには?飲むタイミングが重要

水は一気に飲みすぎてもうまく吸収できないので、複数回に分けて飲むことが大切です。一日の必要水分量を、適切なタイミングに分けて飲んでいきましょう。

代表的な水を飲むタイミングは次のとおりです。

  1. 乾燥状態の起床時
  2. 血糖値が上昇する食事の前
  3. 水分を失う運動の前後
  4. 喉が乾きやすいお風呂の前後
  5. 汗をかく就寝前

それぞれ解説していきます。

1|乾燥状態の起床時

寝ている間に「コップ一杯分の汗をかく」と一般的にもよく言われています。
そのため起床時はからだが乾燥状態になっていて、水を飲む絶好のタイミングです。

朝イチに水を飲むと、基礎代謝が上がりカロリー消費や肌のターンオーバーにも効果的。
一日を気持ちよく始められます。

また、胃を動かし便意を誘導するのにも効果的です。
注意点として、体温の低下を防ぐために冷たすぎる水は避け、常温に近い水を飲みましょう。

2|血糖値が上昇する食事の前

血糖値が上昇する食事の前

食事を摂ると血糖値が上昇し、脂肪を溜め込みやすくなるので「毎食30分前に水を500mL飲むと良い」と言われています。
その理由は、水を飲むと血液が希釈されて血糖値が上がりづらくなるからです。

医学誌「Obesity」に掲載された、英国にあるバーミンガム大学の発表で、「毎食30分前に500mlの水を飲むと、12週間後に体重が4.3kg低下した」という研究結果があります。
(参考:Wiley Online Library

この研究によると、「毎食でないと効果が大幅に減少する」という記載がありました。
全ての人に当てはまる訳ではないと考えられますが、参考にしてみてください。

3|水分を失う運動の前後

ダイエットのために運動を習慣にしている方も多いでしょう。
特に有酸素運動は継続して汗をかきやすいので、水分補給が大切です。

運動中の水分不足は、脂肪が燃焼しづらくなったり熱中症の危険性があったりするので要注意です。
15分おきを目安に水分を補給して、安全に運動をしましょう。

4|喉が乾きやすいお風呂の前後

喉が乾きやすいお風呂の前後

お風呂は短時間で汗をかきやすく喉も渇くので、入浴の前後に十分な水分をとりましょう。

水分の減少は「-5%で頭痛やほてり」「-8%でけいれん、めまい」が起こるなど、とても危険です。

また半身浴で長時間入浴する場合は、お風呂に水を持ち込み、こまめに水分補給をすると安心でしょう。

5|汗をかく就寝前

就寝中は汗をかくので、寝る前に水を飲んで水分不足を防ぐ必要があります。
就寝前はもちろん、枕元に水を置いておき、いつでも飲めるようにしておくと安心です。

特にアルコールを飲んで寝る方は注意してください。
アルコールの利尿作用により、水分不足になっている場合があります。

また、水分はアルコールの分解にも使うので、二日酔いを避けたい方は水分をよくとって就寝しましょう。

お水ダイエットの失敗3つの原因とは?バランスと忍耐が大切

お水ダイエットの失敗3つの原因とは?バランスと忍耐が大切

お水ダイエットを成功させるには、「失敗の原因を押さえておくこと」や「間違ったダイエット方法をしないこと」が大切です。
健康にやせるため、ぜひ参考にしてください。

食事量を極端に減らすと逆に太る要因になる

痩せるためには、「摂取カロリーより消費カロリーを増やす」必要があります。
そのために多くの方がチャレンジするのが食事制限です。

しかし、極端な食事制限はかえってダイエットに悪い影響があることも。
一気に摂取カロリーを減らすと、エネルギーが不足し飢餓状態になり、「少量の食事でも太りやすい体になる」可能性があります。

ダイエットのための食事制限は適度なものにし、効率よくお水ダイエットができるようにしましょう。

お水の過剰摂取は「水中毒」の危険性も

水中毒とは、血中の塩分濃度が大量の水により低下し、「低ナトリウム血症」という状態になることです。

主な症状は

  • めまい・頭痛
  • 多尿・頻尿
  • 下痢
  • 吐き気・嘔吐
  • 意識障害・呼吸困難

などがあり、死亡事故につながるケースもあります。
一日に必要な水分量を守り、複数に分けて飲むようにしましょう。

効果が出始める1ヶ月より前にやめてしまう

お水ダイエットは即効性があるものではありません。
水を飲むことでやせる訳ではなく、「やせやすい体質にしてダイエット効果をサポートする」のが正しい認識です。

1〜2週間で効果を感じられなくても、やめずに継続することが大切。
水を飲むだけの手軽さがお水ダイエットの魅力でもあるので、気長に継続していきましょう。

以上のように、お水ダイエットは「やせやすい状態を作ること」が目的です。
つまり、ダイエットで基本と言われる「食事と運動」を改善することが前提といえます。

次項では、食事と運動のコツをご紹介するので、続けてご覧ください。

お水ダイエットで重要なのは?食事と運動が基本

お水ダイエットで重要なのは?食事と運動が基本

お水ダイエットでも、通常のダイエットと同じように食事と運動が大切です。とはいえ、人により適した方法が違うのが悩みどころ。

ここでは、共通して言える「食事と運動の基本」を解説します。

血糖値のコントロールを考えた腹八分目の食事

食事で気を付ける基本的なことは

  • カロリー
  • 脂質・油・糖分の量
  • 野菜や海藻を積極的にとる
  • お菓子を減らす
  • 腹八分目にする

などがあります。
その上で、血糖値をコントロールすることも重要です。

食事により脂肪が付きやすくなる原因は、「血糖値の急激な上昇によるインスリンの大量分泌」です。

これを防ぐには、血糖値の上昇が穏やかになる「低GI食品」を取り入れると良いでしょう。
一般的な低GI食品は、

  • 玄米
  • 小麦全粒粉パン
  • 葉物野菜
  • きのこ類
  • ナッツ類
  • ヨーグルト
  • りんご

などがあります。

白米やうどん、揚げ物など、GI値の高い食品と置き換えることで、血糖値の上昇を抑え効率的にダイエットができます。

激しすぎない適度な運動

運動によるダイエット効果は、継続して行うことが大切激しすぎない適度な運動で継続することがコツです。

特にジョギングなどの有酸素運動は、「20分以上継続することで脂肪が分解される」と言われています。また、激しすぎる有酸素運動は筋肉量が落ちる可能性もあるので注意が必要です。

お水ダイエットは基礎代謝を高めることが重要なので、筋トレなどの無酸素運動も取り入れると良いでしょう。

筋肉が増えると基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなります。
いずれにしても、生活に取り入れられる適度な運動を始めてみてください。

お水ダイエットの水は?ウォーターサーバーが最適

お水ダイエットの水は?ウォーターサーバーが最適

ウォーターサーバーは、手軽においしい水を飲める利便性の高さが魅力です。
品質の良い水を自宅へ配送してくれるので、重いペットボトルを運ぶ必要もありません。

さらに

  • お湯がいつでも使える
  • お茶やコーヒー、お料理がおいしくなる
  • 緊急時の備蓄水として使える
  • 硬水と軟水が選べる

など、さまざまなメリットがあります。

お水ダイエット継続のためには手軽さが重要。
ウォーターサーバーは、水ダイエットの負担を少なくしてくれる、おすすめのサポートアイテムです。

お水ダイエットは飲む量とタイミングが重要!健康的に痩せよう

お水ダイエットは、基礎代謝を上げてやせやすい体を作るために効果的なダイエット方法です。健康的な食事や運動の効果を高めてくれます。

自分に必要な水分量を

  • 起床時
  • 食事の30分前
  • 運動の前後
  • お風呂の前後
  • 就寝前

に分けてこまめに飲みましょう。

お水ダイエットは、健康的でナチュラルなダイエット方法です。
ぜひ理想の体型を目指してチャレンジしてみてください。

保存版!お水ダイエットの効果的な取り入れ方を徹底解説!
保存版!お水ダイエットの効果的な取り入れ方を徹底解説!をシェアする

関連の記事