トップウォーターサーバーウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を知って欲しい!

ウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を知って欲しい!

ウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を知って欲しい!

コーヒーの味は水の温度や種類によって変わることはご存じでしょうか?
適した水を使用することでコーヒーがこれまで以上に美味しくなります。

そして、美味しいコーヒーを淹れるのに便利なのがウォーターサーバーです。ただ沸かしたお湯でコーヒーを淹れるのとは味が大きく変わります。

本記事では、コーヒーを淹れるのにウォーターサーバーがおすすめな理由やウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法について解説します。

水には「軟水」と「硬水」の2種類がある!

水には「軟水」と「硬水」の2種類がある!

「軟水」と「硬水」について味の違いはなんとなくわかるけど、具体的にどのような違いがあるのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

軟水と硬水の違いは、カルシウムやマグネシウムなどの含有量で決まる水の硬度にあり、それぞれ特徴があります。また、採水地によっても水の硬度が異なるのです。

軟水と硬水の違いは?

軟水と硬水の違いは?

WHO(世界保健機関)は軟水と硬水の違いについて以下のように定義しました。

区分硬度
軟水60mg/L 未満
中程度の軟水60~120mg/L
硬水120~180mg/L
非常な硬水180mg/L 以上

日本での一般的な分類は、100mg/L未満が軟水、100mg/L以上が硬水としています。

そして、ヨーロッパは硬水が採れやすくなっています。ヨーロッパには石灰岩が山から海まで広がっており、ミネラルが豊富な雨や雪が山から海に流れていく過程で石灰岩を通ることで濾過されて硬水となります。

このような硬水には、「ミネラルが豊富に含まれている」「煮込み料理に適している」などの特徴があります。

一方で、軟水は日本で採れやすくなっています。日本は山から海までの傾斜が急であるため、ミネラル成分が水に浸透しないまま素早く山から海に流れてしまうという特徴があります。そのため、硬度が低い軟水を採ることができるのです。

軟水には「肌や髪に優しい」「石鹸の泡立ちが良くなる」などの特徴があります。

このように硬水と軟水は、硬度だけでなく使用することのメリットにも違いがあるのです。

美味しいコーヒーを淹れるなら軟水がおすすめ!

美味しいコーヒーを淹れるなら軟水がおすすめ!

美味しいコーヒーを淹れるなら軟水を使用することがおすすめです。

軟水は舌触りがまろやかでマイルドな味わいが特徴。また、軟水に含まれるミネラルが少ないことから、コーヒー豆と水のミネラル成分が反応しにくくなっています。そのため、軟水でコーヒーを淹れるとコーヒーもマイルドな味わいになるのです。

一方で硬水でコーヒーを淹れると、硬水のミネラル成分とコーヒー豆が反応して、苦味が引き立つ味わいとなってしまいます。エスプレッソを淹れる場合は問題ありませんが、ドリップコーヒーを淹れる場合には適しません。

このような理由から、美味しいコーヒーを淹れるなら軟水がおすすめです。

コーヒーはお湯の温度によって味が変わる!

コーヒーはお湯の温度によって味が変わる!

コーヒーは水の種類だけでなく、温度によっても味が変わることはご存じでしょうか?同じ種類の水や豆を使用しても、お湯の温度が異なると苦味や酸味などに変化が現れます。

次に、美味しいコーヒーを淹れるのに最適なお湯の温度と、ウォーターサーバーでコーヒーを淹れるときにできる工夫について解説します。

85度〜95度のお湯でコーヒーを淹れよう

85度〜95度のお湯でコーヒーを淹れよう

美味しいコーヒーを淹れるのに最適なお湯の温度は85度〜95度です。コーヒーを淹れるのに85度〜95度が最適である理由は以下の表をご覧ください。

抽出速度の違い味の違い味の出方の違い
高い温度(90〜95度)速い苦味が出るはっきり
低い温度(85度前後)遅い酸味が出るぼんやり

コーヒーは3分以内という短い時間で抽出し、苦味がはっきりと出るものが美味しいと言われています。そのため、90〜95度の高い温度で淹れることがおすすめです。

しかし、コーヒー好きの中には、酸味の強いコーヒーが好きな方もいるでしょう。逆を言えば、コーヒーは豆や水が一緒でも温度次第で味を変えられるということになります。自分の好みに合った温度を見つけましょう。

ウォーターサーバーの平均温度は80度〜90度

ウォーターサーバーの平均温度は80度〜90度

ウォーターサーバーの平均温度は80度〜90度となっています。ウォーターサーバーはお子様のいる家庭でも使用されるため、火傷をする危険があります。そのためお湯の温度は低く設定されているのです。

一方で、ウォーターサーバーから出るお湯の温度が80度〜90度となると、美味しいコーヒーを淹れるには若干温度が低くなってしまいます。そこでウォーターサーバーでも美味しいコーヒーを淹れるために、以下の3つの工夫をすることをおすすめします。

  • 豆の種類を変える
  • お湯を沸かしてから使用する
  • 最高温度の高いウォーターサーバーを使用する

それぞれの工夫の詳細については、「コーヒーを淹れるのにウォーターサーバーがおすすめな理由は?」で解説します。

コーヒーを淹れるのにウォーターサーバーがおすすめな理由は?

コーヒーを淹れるのにウォーターサーバーがおすすめな理由は?

コーヒーを淹れる際、ウォーターサーバーを利用するのがおすすめです。
その理由は以下の3つが挙げられます。

  • 質の高い水を使用してコーヒーを淹れられる
  • 短時間でお湯を沸かせられる
  • お茶や白湯も淹れられる

次に、コーヒーを淹れるのにウォーターサーバーがおすすめな理由について具体的に解説します。

質の高い水を使用してコーヒーを淹れられる

質の高い水を使用してコーヒーを淹れられる

ウォーターサーバーで使用する水は水源や濾過方法にこだわっており、質の高いものを提供しています。そのため、質の高い水を使用してコーヒーを淹れられるようになります。

また、多くのウォーターサーバーが使用している水は軟水。舌触りまろやかでマイルドな味わいのコーヒーを淹れることが可能です。

コーヒーを飲むことにはリラックス効果があります。リラックスタイムに質の高い水で淹れた美味しいコーヒーを添えることで、より幸せな気分を味わえるでしょう。

短時間でお湯を沸かせられる

短時間でお湯を沸かせられる

ウォーターサーバーを利用することで、短時間でお湯を沸かせることができます。忙しい朝でも美味しいコーヒーを飲みたいという方もいるのではないでしょうか?しかし、ここでネックになるのがお湯を沸かす時間でしょう。

やかんでお湯を沸かしたり、ケトルでお湯を沸かしたりするには時間がかかります。数分ですが、朝の忙しいときにはお湯が沸くのを待つ時間も省きたいものです。

このようなときにウォーターサーバーを利用することで、すぐにコーヒーを淹れることができるようになります。また、お湯の温度が低いと感じた場合でも、ウォーターサーバーのお湯を使用することで、数十秒で沸かすことが可能です。

このように、ウォーターサーバーを利用することで、短時間でお湯を沸かせられるようになります。

お茶や白湯も淹れられる

お茶や白湯も淹れられる

ウォーターサーバーを利用することで、コーヒー以外にもお茶や白湯も簡単に美味しく淹れられるようになります。また、赤ちゃんのミルクや離乳食を作ることも可能です。

ウォーターサーバーのお湯は、使い方によっては多くの使い道を見出すことができます。また、全て素早くかつ簡単にお湯を準備することができるため、非常に便利です。

ウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を解説!

ウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を解説!

ここまで美味しいコーヒーを淹れる方法や、ウォーターサーバーが美味しいコーヒーを淹れるのにおすすめな理由などを解説してきました。

次に、ウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れるための具体的な方法を解説します。その具体的な方法としては以下の3つがあります。

  • 深煎りのコーヒー豆を使用する
  • 温度が低い場合はお湯を沸かしてから淹れる
  • 温度が高く設定されているウォーターサーバーを使用する

それぞれの方法について解説します。

深煎りのコーヒー豆を使用する

深煎りのコーヒー豆を使用する

ウォーターサーバーのお湯をそのまま使用する場合は、深煎りのコーヒー豆を使用するのがおすすめです。

ウォーターサーバーのお湯は80度〜90度で少し低めに設定されていますが、深煎りのコーヒー豆は85度前後が適温。
85度前後のお湯で深煎りのコーヒー豆を使用すると、酸味と甘味を程よく出すことができます。

また、低い位置からゆっくりとお湯を注ぐことで、舌触りまろやかでマイルドな仕上がりになります。

このように、ウォーターサーバーのお湯をそのまま使用してコーヒーを淹れる場合は、深煎りのコーヒー豆を使用することがおすすめです。


温度が低い場合はお湯を沸かしてから淹れる

温度が低い場合はお湯を沸かしてから淹れる

ウォーターサーバーのお湯の温度が低い場合は、お湯をやかんもしくはケトルで沸かしてから淹れるのが良いでしょう。

コーヒーを淹れるのに最適な温度は90度〜95度ですが、ウォーターサーバーは85度前後に設定されていることが多いです。そのため、お湯の温度にこだわりがある方は、一度沸かしてから淹れるのがおすすめです。

手間がかかるとは言え、すでに85度前後のお湯であるため数十秒で沸かすことが可能です。そのため、常温の水を沸かすよりすぐにコーヒーを淹れることができます。

温度が高く設定されているウォーターサーバーを使用する

温度が高く設定されているウォーターサーバーを使用する

使用するコーヒー豆の種類を変えたり、お湯を沸かしたりするのが面倒という方は、ウォーターサーバーを購入する際、温度が高く設定されているものを選ぶのが良いでしょう。

一般的なウォーターサーバーは80度〜90度に設定されていますが、中には90度以上のお湯を出すことができるものもあります。また、再加熱機能が搭載されているものも。

このように、ウォーターサーバーを購入する際に、90度以上のお湯を出せるものを選ぶことで、豆の種類を変えたり、お湯を沸かしたりする手間を省くことができます。

【番外編】アウトドアでもウォーターサーバーの水でコーヒーを淹れる方法

【番外編】アウトドアでもウォーターサーバーの水でコーヒーを淹れる方法

最後に、アウトドアでもウォーターサーバーの水でコーヒーを淹れる方法を紹介します。その方法とは、タンブラーにウォーターサーバーの水を入れることです。

タンブラーにウォーターサーバーの水を入れていく

タンブラーにウォーターサーバーの水を入れていく

タンブラーにウォーターサーバーの水を入れることで、アウトドアでも美味しいコーヒーを淹れることができます。

近年販売されているタンブラーは機能が優れており、お湯をタンブラーに入れて長時間経っても温かいまま保温することができます。そのためアウトドアでも温かいコーヒーを飲むことが可能です。


ウォーターサーバーで美味しいコーヒーを淹れよう!

ウォーターサーバーで美味しいコーヒーを淹れよう!

本記事では、美味しいコーヒーの淹れ方やウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を解説しました。

美味しいコーヒーを淹れるには、水の種類と温度が非常に重要になります。ウォーターサーバーを利用すれば、質が高く適温のお湯を使用してコーヒーを淹れることが可能です。ぜひみなさんも、ウォーターサーバーを利用して美味しいコーヒーを淹れましょう。

ウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を知って欲しい!
ウォーターサーバーでコーヒーを美味しく淹れる方法を知って欲しい!をシェアする

関連の記事