トップカラダと水さらば二日酔い!チェイサーに最適なお水をおすすめします!

さらば二日酔い!チェイサーに最適なお水をおすすめします!

さらば二日酔い!チェイサーに最適なお水をおすすめします!

お酒を飲みすぎた翌日に起こる、つらい二日酔い。二日酔いを防止するためには、飲酒中にしっかりと水分をとることが重要です。

お酒の合間に飲む水のことを、一般的にチェイサーと呼びます。チェイサーには水分を補給する役割や、お酒の味わいを引きたてる効果があります。お酒に合ったチェイサーを選べば、そのお酒が一層おいしく感じられるでしょう。

この記事では、チェイサーの意味や役割、二日酔いを防止するメカニズムを解説します。お酒に合ったチェイサーの選び方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

チェイサーとは水のこと?実はジュースやビールも含まれる

グラスのチェイサー

多くの方はチェイサーと聞いて、水を思い浮かべるでしょう。しかしチェイサーは水だけではなく、炭酸水やジュース、ビールなども含まれるのです。

チェイサーの語源と本来の意味、海外のチェイサー事情をご紹介します。

チェイサーの語源は英語の「chaser」

英語の辞書

チェイサーは英語で表記すると「chaser」です。直訳すると「追いかけるもの」という意味で、お酒の後を追って飲む飲み物全般を指します。

日本でチェイサーというと、度数の高いお酒を楽しむときに飲む水やお茶を指しますね。これは、アメリカ英語の「chaser」に由来しています。

アメリカで「chaser」といえば、「強いお酒の後または飲酒中に飲む、水やビールやコーヒー」という意味。日本もこれに倣い、強いお酒の合間にチェイサーとして水を飲み、アルコールの刺激をやわらげます。

一方でイギリス英語で「chaser」と言えば、反対の意味を指します。イギリス文化圏では「弱いお酒の後に飲む、強いお酒」のことを「chaser」と呼びます。

ジュースや炭酸水、度数や弱いお酒もチェイサーと呼ばれる

グラスとコーラ

チェイサーはお酒の後追いで飲む飲み物です。

強いお酒の後に飲むならば、お水だけでなくお茶やジュース、ビール、ロングカクテルなどもチェイサーと呼びます。

お酒には味を引き立ててくれる相性の良いチェイサーがあるので、お水以外を試してみるのも良いでしょう。おすすめの組み合わせをご紹介します。

  • 焼酎×冷たい緑茶
  • ウイスキー×黒ビール
  • ウィスキー×牛乳
  • テキーラ×サングリータ(ノンアルコールドリンク)

「サングリータ」はメキシコの飲み物で、テキーラの伝統的なチェイサーです。トマトジュースがベースのノンアルコールドリンクで、スパイシーで塩気のある味。スープのような味わいで、テキーラとの相性は抜群に良いのです。

意外と思われるものでも、相性の良い組み合わせはたくさんあります。いろいろと試して、自分好みの組み合わせを見つけるのも楽しいですよ。

チェイサーの日本の主流は「水」、海外の主流は「ビール」

注がれるビール

日本の居酒屋やバーでチェイサーを注文すると、お水が出てくるのが一般的です。日本酒と一緒に飲まれるチェイサーは、「やわらぎ水」とも呼ばれますね。

しかし欧米のビアバーでは、度数の高いお酒のチェイサーとしてビールを飲む方が多いのです。ウイスキーとビールを一緒に注文して、交互に楽しむのが一般的。欧米のビールは日本のビールよりもライトな風味なので、チェイサーとして飲むのに適しています。

ビールが主流の理由として、ヨーロッパ系の人々がお酒に強い遺伝子を持っていることが考えられます。ヨーロッパ系の人はみな、アルコールを分解する酵素を生まれながらに持っているので、少々お酒を飲んだ程度では悪酔いしないのです。

一方、日本人はアルコール分解酵素を持っている人が、全体の6割程度しかいません。残りの4割の日本人は、分解酵素の量が不十分もしくは皆無のため、欧米の人々ほどお酒に強くないのです。

チェイサーの役割は?二日酔いに効果あり!

二日酔いの男性

水分をとらないまま大量にお酒を飲むと、二日酔いを起こします。

原因はアルコール分解時に発生する有害物質。二日酔いを起こさないためには、しっかりお水を飲んで有害物質が残らないようにしましょう。

二日酔いの原因はアルコールの有害物質が体内に残るため

たくさんの酒ボトル

二日酔いが起こる原因は、アセトアルデヒドという有害物質です。

アセトアルデヒドは、アルコールが肝臓で分解されると生じる物質。さらに分解されると酢酸になり、酢酸はやがて水と二酸化炭素になって体外に排出されます。このアセトアルデヒトが分解されないまま体内に留まると、二日酔いが起こります。

分解に必要なのは、大量の水分。水分が不足するとアルコール分解が止まって二日酔いを起こすだけでなく、脱水症状で頭痛が起きる原因にもなるのです。

チェイサーでしっかり水分を取れば二日酔いしない

チェイサーを飲む女性

チェイサーで水分を十分にとれば、アルコールの代謝がスムーズに進みます。飲酒の合間にしっかり水分を補給すれば、有害物質が分解されて二日酔いに悩まされることは少なくなるでしょう。

飲んだお酒と同量、もしくはそれ以上の量のお水を飲むことが理想です。飲酒の合間だけでなく、寝る前にもコップ一杯の水を飲むようにしてください。
二日酔いにならないためには、水分不足の状態で眠らないことが大事です。

チェイサーには脱水防止や味覚リセットの役割もある

グラスに注がれる水

チェイサーには、脱水防止の役割もあります。お酒を飲むと利尿作用で水分が排出され、脱水症状を起こしやすくなります。チェイサーでしっかりと水分を補給しましょう。

チェイサーで水分補給をするなら、やはりお水が最適です。ビールなどのお酒をチェイサーにすると、アルコールで利尿作用が働き、水分を十分に補えません。

他にも、チェイサーには味覚をリセットする役割もあります。アルコール度数の高いお酒を飲んでいると味覚が鈍ってくるので、チェイサーで口内をリフレッシュするのです。
飲酒の合間にチェイサーを挟めばお酒の味や香りを楽しめますし、お酒の飲みすぎを防止することもできますよ。

チェイサーに最適な水は?仕込み水に近い硬度の水を選ぼう

ウィスキーストレートと水

強いお酒をロックやストレートで飲む際は、仕込み水に近い水をチェイサーにするのがおすすめです

仕込み水とはお酒の製造過程で使われるお水のこと。「マザーウオーター」とも呼ばれ、お酒の味を左右する大事な要素の一つです。

お酒の仕込み水をチェイサーにすれば、お酒の味が引き立ちます。仕込み水そのものを用意するのは難しいので、同じ硬度の水で代用するのが良いでしょう。

ウィスキーには、各蒸留所の仕込み水に近いチェイサーを

タリスカー

ウイスキーの仕込み水は、お酒がつくられている国や地域によって大きく違います。

仕込み水の水源は、蒸留所付近の川や湖や泉です。水源の地域ごとに硬度が違うので、それに合わせて仕込み水を選びましょう。

ジャパニーズウイスキーは軟水~中軟水のチェイサー

ジャパニーズウイスキーの最適なチェイサーは、軟水や中軟水です。日本の生活水は軟水で、ジャパニーズウイスキーもその軟水を仕込み水にしているからです。
軟水のチェイサーなら、硬度30mg/Lの「いろはす」や「サントリー南アルプスの天然水」、中軟水なら80mg/Lの「サントリー阿蘇の天然水」などがおすすめです。
さらにこだわりたい方は、蒸留所のある地域の天然水をチェイサーにすると良いですよ。

スコッチウイスキーは蒸留所に合わせて軟水か硬水か選ぶ

スコットランドの生活水も、日本と同じく軟水です。仕込み水に軟水を使っている蒸留所がほとんどなので、チェイサーには軟水がおすすめです。スコットランドの天然水「ディーサイド」が良いですね。硬度は22mg/L程度です。

スコッチウイスキーの蒸留所の多くは軟水を使用していますが、一部の蒸留所では中硬水が使われています。その蒸留所のお酒を飲むなら、中硬水のチェイサーが良いでしょう。
中硬水を仕込み水にしている蒸留所は次のところです。

  • グレンモーレンジ
  • オーバン
  • ザ・グレンリベット
  • ストラスアイラ
  • ハイランドパーク
  • スキャパ
  • グレンキンチー

上記の蒸留所のスコッチウイスキーには、中硬水を合わせましょう。スコットランドの天然水で、硬度143mg/Lの「ハイランドスプリング」がおすすめです。

アメリカンウイスキーは硬水のチェイサー

アメリカンウイスキーには、硬水のチェイサーがおすすめです。アメリカの生活水は硬水で、ウイスキーの仕込み水にも硬水が使われています。

アメリカンウイスキーの中でも、バーボンは「ライムストーンウオーター」と呼ばれる超硬水の仕込み水を使っています。チェイサーには硬度300mg/L〜350mg/Lの「エビアン」や「ヴィッテル」がおすすめです。

日本酒や焼酎には軟水のチェイサー、刺激を楽しむなら中硬水

冷酒

日本酒のチェイサーはやわらぎ水とも呼ばれます。やわらぎ水に適しているのは、酒蔵の仕込み水。仕込み水なら、日本酒の味を邪魔しません。
仕込み水が手に入らなければ、日本の天然水で代用しましょう。日本酒や焼酎のように国内でつくられるお酒は、日本産の軟水がおすすめ。お酒の口当たりを柔らかくしてくれます。

ただし、お酒の個性や刺激をしっかり楽しみたい方には、中硬水のチェイサーをおすすめします。

硬水のミネラル分は、口の中をピリッと引き締めてくれます。芋焼酎や辛口の日本酒など個性の強いお酒を飲む場合は、中硬水のチェイサーを合わせても良いでしょう。

ワインには軟水のチェイサー

ワインと食卓

ワインには軟水のチェイサーをおすすめします。

ミネラル分が多く含まれた硬水は、ワインの味や香りを消してしまいます。海外産でも日本産でもよいので、軟水のチェイサーを用意しましょう。ワインの味わいを引き出してくれます。

また、香りを楽しむためにチェイサーは常温にしてください。冷たいものは味覚を鈍らせてしまいます。ワインの繊細な味や香りを楽しむなら、チェイサーは常温の軟水が最適です。

しっかり水分補給をして、二日酔いを予防しよう

チェイサーでしっかりと水分をとれば、二日酔いを防ぐことができます。お酒の飲みすぎ防止にもなるので、お水を多めに飲むようにしましょう。

チェイサーに最適なお水は、お酒の仕込み水です。手に入らない場合は、仕込み水と同じ硬度のお水で代用しましょう。

お酒に合わせてチェイサーを選べば、お酒がさらにおいしくなりますよ。チェイサーでお酒を楽しみつつ、しっかりと二日酔いを防止しましょう。

さらば二日酔い!チェイサーに最適なお水をおすすめします!
さらば二日酔い!チェイサーに最適なお水をおすすめします!をシェアする

関連の記事