トップカラダと水目的別シャワーヘッドの選び方!おすすめ人気5選

目的別シャワーヘッドの選び方!おすすめ人気5選

目的別シャワーヘッドの選び方!おすすめ人気5選

シャワーの水を分散噴射するシャワーヘッドは、さまざまなタイプが販売されているのをご存じでしょうか。
シャワーヘッドは種類によって、節水・美容・浄水効果とさまざまな機能があり、利用者のあらゆるニーズに対応しています。

今回の記事では、シャワーヘッドの種類や選び方の解説、おすすめシャワーヘッドの紹介などをしています。ぜひ参考にしてください。

シャワーヘッドの種類を知っておこう!

002

シャワーヘッドを購入する際に大事なのは、シャワーヘッドにはどのような機能が搭載されてるかを知ることです。機能はシャワーヘッドによって異なるので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

では、次よりシャワーヘッドにはどんな種類があるのか、説明しましょう。

節水機能特化型シャワーヘッド

00_01

勢いよく出るシャワーを全身に浴びていると気持ちの良いものですが、水を出しっ放しにしていたら思ったより水道代がかかってしまった、などという経験をした人は少なくないでしょう。

そんな人におすすめなのが、節水に特化した機能を搭載したシャワーヘッドです。節水機能特化型シャワーヘッドには、以下のような特徴があります。

通常のシャワーヘッドに比べて吐水口が狭くなっている

狭い設計の口であれば、勢いよく水を出し続けていても水量を少なくできるので、結果的に節水になります。

シャワーヘッドにストップボタンがついている

通常は蛇口を捻らないと水は止められないので、使用していなくてもシャワーの水を出しっ放しにするケースが少なくありません。
しかし、シャワーヘッドにストップボタンがついていれば、使用しないときに手間をかけずに止めることが可能になり、節水になります。

水流切り替え機能特化型シャワーヘッド

シャワーヘッドには水流・水圧の切り替えが自在にできるタイプもあります。家族など同居人がいる場合、強い水圧が気持ちいいという人もいれば、肌に優しいミスト風の水流が心地よいといった具合に、人によって水流の好みは異なるでしょう。

そんな場合、水流切り替え可能なシャワーヘッドがあれば、シャワーの水流をそれぞれの好みに合わせられます。

塩素除去・浄水機能付きシャワーヘッド

シャワーヘッドには、内部に水道水を濾過(ろか)する「ろ材」が設置されている、塩素除去・浄水機能付きタイプもあります。

日常生活で使用している水道水には、多量の塩素が含まれているのが特徴です。この塩素によって水道水の雑菌が殺菌され、水道水を衛生的に使用できます。

しかし、塩素は水道水をきれいにする反面、人によっては肌や髪にダメージを与えるケースもあるのです。また、臭いに敏感な人は塩素臭が気になる人もいるでしょう。

塩素除去・浄水機能が搭載されたシャワーヘッドであれば、塩素によるダメージ・臭いがカットされ、快適にシャワーを楽しめます。

マイクロバブル・ウルトラファインバブル機能搭載のシャワーヘッド

00_02

通常のシャワーヘッドよりきめ細かい気泡である、「マイクロバブル」「ウルトラファインバブル」の生成が可能なシャワーヘッドもあります。

マイクロバブルは1〜100μm(マイクロメートル)、ウルトラファインバブルは1μm未満の気泡なので、毛穴や角質層まで浸透して汚れを除去することが可能です。保湿効果もあるので、シャワー使用後は肌もしっとりします。

シャワーヘッド交換の際の注意点

003

シャワーヘッドを購入する前に、いくつか確認しておくことがあります。それをしないと、せっかく新しいシャワーヘッドを買っても使えないという失敗をするかもしれません。

シャワーヘッド交換時の注意点を次より説明します。

自宅のものが交換可能か調べる

00_03

シャワーヘッドはどんなシャワーホースでも取り付け可能ではありません。手元ストップ機能が付属したシャワーヘッドは、バランス釜タイプのシャワー・一時止水できないツーバブル混合機タイプのシャワーには対応していません。

2つのタイプは逆流防止機能がないので、ストップすると水が逆流するので、2つのタイプに取り付けるのはやめましょう。

また、海外メーカーのシャワーおよびシャワーヘッドは、日本と規格が異なるので取り付けできません。

交換方法の手順を覚えておく

シャワーヘッドの交換は専門の道具などを使う必要がなく、誰でも簡単に取り外し・取り付けが可能です。しかし、正しいやり方を知らないでむりやり取り外そうとすると壊してしまう可能性もあります。交換の手順をしっかり覚えておきましょう。

シャワーヘッド交換の手順は概ね以下の通りです。

  1. シャワーヘッドとホースを持って、シャワーヘッドを左に回して取り外す
  2. ホース側を回して新しいシャワーヘッドを取り付ける

これだけで交換は完了します。シャワーヘッドが固くて回らない場合は、ゴム手袋をつけて滑りにくくしてから回しましょう。

取り付けるとき、シャワーヘッド側を無理にねじ込むとネジ山が削れる場合があります。取り付けの際は、シャワーヘッドではなくホース側を回すようにしましょう。

おすすめシャワーヘッドを機能別に5タイプ紹介!

004

シャワーヘッドは各メーカーから多様なタイプが販売されているので、どれを買っていいのか迷う人もいるでしょう。

そんな人のために、当記事が厳選したおすすめのシャワーヘッドを機能別に紹介します。

マイクロバブルを体験したいなら「ミラブルPlus」

ミラブルプラス

肌が弱いのできめ細かい柔らかいシャワーを希望する人、肌の汚れ・メイク落としをすみずみまでしっかりとしたい人におすすめなのが、株式会社WaterServerの「ミラブルPlus」です。
​​
1μm未満のきめ細かい気泡によって、毛穴や角質層など通常のシャワーでは落としにくい領域の汚れをしっかりと落とします。
保湿効果もあるので、シャワー後はもちもち肌が実現するでしょう。ボディやフェイスケア、頭皮ケアを強く希望する人にとって心強い製品です。

価格44,990円(税込)

毎日使う水を節水したいなら

数多くの優れたシャワーヘッドを発表している株式会社アミラックから販売されているのが、「シルクタッチシャワー2 STA-2B」です。

アミラックは便利な機能を多数搭載したシャワーヘッドも販売されています。しかし、このSTA-2Bは節水にのみ特化した製品なので、節水にこだわる人におすすめといえるでしょう。

通常のシャワーヘッドより最大50%の節水を実現しながら、水圧も十分なので、快適なシャワータイムを送れます。


水流切り替えを自在にしたいなら

自分の好みに合わせて水流の切り替え可能なシャワーヘッドが欲しい人には、日丸屋製作所シャワーヘッドがおすすめです。

水圧の調整だけでなく、節水や浄化など多彩な機能を搭載していて、さらにヘッド部分は角度調整もできます。
水圧を最大にしても細かい散水のため、心地よい肌あたりで肌に負担がかかりません。

水流切り替えは3段階に切り替えできて、水圧の強弱だけでなく放水範囲も調整できます。どんな人のニーズにも対応可能な製品です。


塩素除去にこだわりたいなら

家族に赤ちゃんがいるため水道水の塩素で刺激を受けないか心配、あるいは塩素の臭いが気になってしょうがない人などにおすすめなのが、「タカギ キモチイイ浄水シャワピタ​​」です。

この製品は、亜硫酸カルシウムの働きによって残留塩素を除去する仕組みで、その除去率は92.9%を記録しています。節水機能や止水ボタンも搭載されているので、お得なシャワーヘッドといえるでしょう。


美容にこだわりたいなら

肌に心地よいマイクロバブル・ウルトラファインバブルという2タイプのこめ細かい気泡を楽しみたい人におすすめなのが、リファファインバブル ワンです。
​​
滑らかで肌に優しいふたつの泡は、シャワーで浴びるのも浴槽にためて入浴を味わうのもおすすめです。

シャワーヘッド経由で浴槽にお湯をたっぷりとためて入浴すれば、肌のすみずみまでリファファインバブルワンで生成されたミルキーなお湯を堪能できるでしょう。

きめ細かいバブルは、汚れを付着して剥離させる効果もあるので、シャワー・入浴後は美しい肌に生まれ変わる美容効果もあります。


シャワーヘッドの種類はさまざま!どんなタイプがあるのか知っておこう!

005

シャワーヘッドは、あくまでシャワーの発射口であってそれほど重要ではないと思っている人もいるでしょう。
しかし、シャワーヘッドひとつにこだわるだけで、節水・美容・浄水とあらゆる効果があります。

この記事を参考にして、ぜひ自分に見合うシャワーヘッドを見つけて、快適なシャワー・入浴タイムを送ってみてはいかがでしょうか。

目的別シャワーヘッドの選び方!おすすめ人気5選
目的別シャワーヘッドの選び方!おすすめ人気5選をシェアする

関連の記事